So-net無料ブログ作成
旅の相棒 鉄馬SRX ブログトップ
前の3件 | -

さらば、わが愛馬 SRX号 [旅の相棒 鉄馬SRX]

愛馬SRX号、ヤマハ SRX400、と別れることになってしまい、新たに共に緑の中を駆け回る新たな相棒探しを続けてきましたが、とうとう新しい相棒を迎えることにしました。


これまで乗り続けてきたSRX号とは別れるものの、次もまたSRXという選択肢を残したまま、新しい相棒探しを続けてきましたが、ここで一旦SRXからは離れることに決めました。

SRX号を預かってもらっているバイク屋さんとは話をして、ETCなど後付けの部品は取り外してもらうことにしました。

SRX号本体は、いつか復活させる時が来た時のために取っておきたいのはやまやまだったのですが、そのようなスペースの余裕は無く、SRX号は廃棄処分としてもらうことにしました。

後ろ髪引かれる思いではありましたが、友人の「十分走ったのだから、ここらで休ませてあげてもいいんじゃないか」という一言で踏ん切りがつきました。

ありがとう、SRX号。君と駆け抜けた日々は忘れない。

srx_0007.jpg




nice!(1)  コメント(0) 

やっぱり400ネイキッド [旅の相棒 鉄馬SRX]

 愛馬SRX号、ヤマハ SRX400、と別れることになってしまい、新たに共に緑の中を駆け回る新たな相棒探しを続けています。

 SRX号と共に駆け回っていたときには、SRX一途だったので最近のメーカーのラインナップを気にしたことも無かったのですが、この機に国内四大メーカーのホームページを見てみて、ネイキッドの400が絶滅寸前であることを知り愕然としているところです。


 いっそのこと大型免許を取得してしまおうかとも思ったのですが、お財布を覗いてみると、教習所に通ってしまうと肝心の相棒の調達ができなくなりそうで、早く走りだしたい身としては、本末転倒かなと。

 一発免許に挑戦するのも面白そうなのですが、平日しか挑戦を受け付けていないらしく、一回で合格できればよいのですが、何度か挑戦することになると、平日休みではない身としてはちょっとハードルが高いかなと思いました。
 バイク屋さんと話した感じでは、やはり教習所で取る方が確実だということでした。曰く、2本掛けはだめとか、跨ってからサイドスタンドを払ったらダメとか、運転技術以外の面で注意する点が多く、教習所出たてじゃないとクセがついてしまっているので案外難しいとのことでした。

srx_0006.jpg
現在では一般車両駐車禁止となってしまっている分杭峠

 というわけで、大型取得への挑戦は今後のお楽しみに取っておくこととして、普自二で乗れる400のネイキッド、ということで少し古めの車種から新しい相棒を見つけるつもりです。



nice!(1)  コメント(0) 

400ccネイキッドがない! [旅の相棒 鉄馬SRX]

 旅の相棒SRX号、ヤマハ SRX400、を不動車にしてしまい、新たな相棒を探す日々が続いています。

 新車を迎え入れるような経済的な余裕は全くないのですが、これを機に日本の四大メーカーのラインナップを見て愕然としました。

 私の保有している免許は普通自動二輪免許、いわゆる中免というものですが、中免でも乗れる400ccのバイクが全然無いのです。


 とりわけ、私が好きなスタイルであるネイキッドの400ccは壊滅と言っていいほど、ラインナップがありません。

 ヤマハSR400、ホンダCB400SF、カワサキZ400くらいでしょうか。

 スズキに至っては、400ccはスクーターしかありません。

 ゼファー、バリウス、XJR、ホーネット、バンディット、といった400ネイキッドはどこに行ってしまったのでしょうか。

srx_0005.jpg
SRX号とよく走った秩父での一コマ


 400ccが日本独自のクラスであり、その日本でのバイク離れの進行がこのような事態を招いたのでしょうね。中免だったら、車検の無い250ccの方が維持費がかからないで済むし、車検があっても大きいのに乗りたい、という人は大型に行ってしまうのでしょうね。

 この状況を鑑みると、どこかのタイミングで大型二輪を取得しておいた方がよい気がしてきました。



nice!(1)  コメント(0) 
前の3件 | - 旅の相棒 鉄馬SRX ブログトップ