So-net無料ブログ作成

首都圏ツーリングプラン、使ってみました! [旅の雑記帳]

 今年の7月から実施されていて今月末で終了してしまう、二輪車限定首都圏ツーリングプラン。

 お得だから使おう使おうと思っていたのに、なかなかツーリングに出ることができなかったので利用することができずにいましたが、このあいだ、常陸秋そばツーリングに出かけた際、ようやく利用することができました。

touringIbaraki01.jpg
SRX号と竜神大吊橋

 このあいだ出かけた常陸秋そばツーリングの記事は、<こちら>と<こちら

 この二輪車限定首都圏ツーリングプランとは、指定区間内、2日間、2500円で乗り放題、という、まさにツーリングの季節にピッタリなお得なプランなのです。
 
 <二輪車限定首都圏ツーリングプランについて考察したときの記事はこちら

 このあいだ出かけた常陸秋そばツーリングでは、東北道から圏央道を使って常磐道、その後、一般道で再び東北道に戻ってくるルートを採ったので、首都圏ツーリングプランで設定されている4つのコースのうちの、”東北道・常磐道コース”を利用することにしました。

 <首都圏ツーリングプラン、”東北道・常磐道コース”に関する考察を行なったときの記事はこちら

 今回のツーリングでは、岩槻ICで東北道を北上、久喜白岡JCTで圏央道を東に向かい、つくばJCTで常磐道を北上して、那珂ICで高速道を下りました。

 これを普通にETCで通過すると、2280円。

 那珂ICから下道を走って、竜神大吊橋を経由、そのまま西に抜けて、帰路は、矢板ICから岩槻ICまで東北道を南下しました。

 帰りの高速道路料金は、ETCの場合は1950円。

 つまり、首都圏ツーリングプランを使わなかった場合の高速道路料金は、4230円となります。
 
 ここで、首都圏ツーリングプランを利用した場合は、首都圏ツーリングプランの代金2500円と、首都圏ツーリングプランの適用範囲外となる、矢板ICー宇都宮ICの料金370円が支払う高速道路料金となると思われるので、2870円で済んだことになっているはず。

 つまり、1360円お得だったことになるのかな。
 まだ請求が来ていないので、実際に請求される金額がどうなっているかはわからないのですけどね。

 日帰りツーリングでも、十分に元が取れた首都圏ツーリングプラン、私は今期はもう利用することがないのですが、また来期も設定してもらえると嬉しいなあ。


スポンサーリンク



タグ:ツーリング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ルートラボで見る、常陸秋そばツーリング [旅の足跡]

 わが愛馬SRX号、ヤマハSRX400、で繰り出した、常陸秋そばツーリング。

 今回は、ルートラボのサービスで、そのルートを振り返ってみました。

ルートラボで見る、常陸秋そばツーリングのルートマップ

 ルートラボでは、ルート中の標高グラフも表示できるのが、グーグルマップとの違いでしょうか。今回のルートでは、あまり標高が上がらなかったのがよくわかりますね。

touringIbaraki06.jpg
手づくりの郷 天下野さんの美味しいお蕎麦

 折角お蕎麦を食べに行ったのに、肝心のお蕎麦の写真を載せていませんでしたね。
 今回、お蕎麦を御馳走になった、手づくりの郷 天下野さんは、少ないスタッフで切り盛りしているせいか、お蕎麦が出てくるまで少々時間がかかりましたが、都会の喧騒を離れ、ゆっくり流れる時間の中で久々に会う友との語らいの時間が多く持てたと思えば、特に苦には感じませんでした。
 こちらのお店も、われわれが入って、もう一グループくらいで、完売となってしまったようでしたので、紅葉シーズンのお蕎麦屋さんには早めに入るようにした方がいいのかもしれません。

touringIbaraki05.jpg
手づくりの郷 天下野さんの駐車場で、綺麗に色づいた紅葉とSRX号


 <グーグルマップで見たときの常陸秋そばツーリング、はこちら

 ちなみに、<7年前に竜神大吊橋を訪れたときの記事>もこちらにありますので、ご参考まで。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

常陸秋そばツーリング [旅の足跡]

 秋のツーリングシーズンの真っ只中の先週末、ようやく都合を付けることができたので、わが愛馬SRX号、ヤマハSRX400、に跨り、自然の中に駆け出してきました。

touringIbaraki03.jpg
抜けるような青空

 この日は、北関東には午前中、雨の予報が出ていたのですが、ここを逃すと今シーズンは走りに行けないような気がしたので、天気が好転することに望みを託し、茨城は常陸太田市に向けて、駆け出したのでした。

 東北道から圏央道、常磐道を北上するルートで茨城県に向かいます。高速道路を走行している間は、厚い雲に覆われそのうち一雨来そうな雰囲気を醸し出していましたが、なんとか持ちこたえ、昼ごろからは、雲ひとつない抜けるような青空の下のツーリングとなりました。

 常磐道を那珂ICで降り、R349を北上、途中で県道29号、33号と乗り継いで、紅葉スポットである竜神大吊橋に立ち寄りました。

touringIbaraki02.jpg
竜神大吊橋

 竜神大吊橋付近は、まだ紅葉には早かったようでしたが、紅葉狩りに繰り出してきているみなさんで大変にぎわっていました。

 紅葉(気分)を満喫した後は、いよいよ今回のツーリングのメイン、常陸秋そばを食しに行きました。

 ここ、竜神大吊橋に向かう通り沿いには何軒かお蕎麦屋さんがあって、その中でも慈久庵さんなどは有名店のようでしたが、われわれは敢えて慈久庵さんを外して、別のお蕎麦屋さんに向かったのでした。

 ちなみに、竜神大吊橋の近くのお蕎麦屋さん、やまいちさんは、われわれが竜神大吊橋を後にしたころ、13時半頃だったでしょうか、には、もうお蕎麦が終わっていたようでしたので、ここいらへんでお蕎麦を食べようと考えている方は、注意が必要かもしれません。

 われわれが向かったのは、竜神大吊橋からちょっと離れたところにひっそりと佇む、手づくりの郷 天下野、さんです。

 観光地の喧騒から少し離れたところにあり、ゆったりとした時間の流れの中で、久々のツーリングの余韻に酔いしれながら、とても美味しいお蕎麦と天ぷらを堪能できました。

 そのあとは、県道33号を北上し、R461で西に抜け、松島温泉乙女の湯に浸かって、矢板ICより東北道に乗って、帰ってきました。

 山道を駆け抜けるようなルートではありませんでしたが、渋滞に巻き込まれることもなく、ゆったりと楽しむことができたツーリングでした。

グーグルマップで見る今回のツーリングのルートマップ



スポンサーリンク



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行