So-net無料ブログ作成

フォルクスワーゲンArteon [旅の雑記帳]

 フォルクスワーゲングループジャパンからのメールマガジンで、Arteonがデビューしたとのお知らせが届いていました。

arteon_00.jpg
フォルクスワーゲンArteon(引用元:フォルクスワーゲングループジャパン ホームページ)

 わが家のゴルフ号、フォルクスワーゲン ゴルフ3、は現行のゴルフ(ゴルフ7)に比べて、4世代前のゴルフであり、ゴルフ系のムックにも登場することが無くなってきたことから、その手の本を読まなくなっていたので、そんな新しい車種がラインナップに加わっていたなんて、全然知りませんでした。

 フォルクスワーゲングループジャパンのホームページでその外観を見て、びっくり、かつてアウトシュタットで見たコンセプトDかと思ってしまいました。

conceptD_01.jpg
アウトシュタットに飾られていたconcept D

 コンセプトDは、その後、Phaetonとして市場デビューを果たしたものの、日本に上陸することはなく、今では本国のラインナップからも外れてしまっているようです。

 ArteonとPhaeton、語尾が似ていることから、アルテオンはてっきりフェートンの後継車なのかと思ったのですが、パサートCCの後継車のようですね。

 ポルシェのパナメーラといい、高級車はファストバックが流行りなんですかね。

conceptD_00.jpg
コンセプトDのフロントマスク



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

SRX見っけ! ~日経トレンディネットの記事~ [旅の相棒 鉄馬SRX]

 ツーリングに最高のシーズンが到来しましたが、わが家のSRX号、ヤマハSRX400、は夏休み明けの火入れは終わっているものの、まだ自然の中に駆けだせずにいます。

 家で悶々としながらネットサーフィンをしていると、なんとSRXを取り上げている記事を見つけました。

日経トレンディネットの絶版バイク7選の記事

 この記事の中では、記者の方が乗ったことのある絶版となっているバイクの中から、お薦めのバイクが紹介されており、その中の1台がなんとSRXだったのでした。

 主としてはSRX-6を褒めているのですが、SRX-4に関しても、
 
(SRX-6に比べて)エンジンがマイルドだが、それでも単気筒らしさは健在で、もちろんコーナーのシャープさはSRX-6と同等かそれ以上

 と触れられており、SRX乗りとしては、ちょっと嬉しかったりしました(厳密には、記事で触れているのはSRX400ではなくてSRX-4ですけど)。

 コーナーのシャープさが語れるような乗り方はできていませんが、自分のバイクが褒められると、やっぱり嬉しいものですね。

 なんとか時間を見つけて、自然の中に駆け出したいものです。

srx_Inubouzaki.jpg
犬吠埼にて



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

ステアリングコラムカバーの修復完了 [旅の相棒 ゴルフ]

 折角の行楽シーズンなのに、種々の事情により、なかなか自然の中に駆け出すことができていません!

 そんな中、隙間時間を見つけては、粛々と工作の続きを行なっていたりします。

 以前紹介した、わが家のゴルフ号、フォルクスワーゲン ゴルフ3、の粉砕してしまったステアリングコラムカバーを修復した件ですが、ようやく、ゴルフ号に取り付けるに至りました。

 <以前紹介した、ステアリングコラムカバーを修復した件

 以前紹介した時には既に形になっていたものの、いざ取り付けようとしたら問題が発生してしまい取り付けられないでいたのでした。

 このステアリングコラムカバーは上下分割式になっており、上下のパーツは、ツメとねじで固定されています。わが家のゴルフ号の場合、このツメは無くなっていたので、ねじで固定するしかないのですが、このねじが木ねじで、ねじを受ける部分のプラスチックがぐずぐずになっており、いざ取り付けようと、ねじを捩じ込むとミシミシと砕け散ってしまったのでした。

 この受けの部分を再生しようと、ポリパテを使ったり、FRPで補強したりと試行錯誤を繰り返していたのですが、どうしても木ねじだと穴を拡げる力がかかるので、割れてしまうという問題に悩まされていました。

 いろいろと悩んだ挙句、インサートねじを埋め込めばいいことに気づいて、無事にこの問題の解決に至ったのでした。

steeringShaftCover_05.jpg
ひびが目立つけど、なんとかそれらしくなりました

 取り付けてみると、いくつかのステーっぽい部品が修復できなかったりしたせいか、若干ぐらつきますが、まあそれとなくカバーの体を成しているので、これでよしとしました。

steeringShaftCover_06.jpg
配線むき出しとなっていたキー周りもすっきり

 このカバーがなくてもスパルタンな感じがしてよかったのですが、キー周りの配線や、下側にあるエアバッグの配線ではないかと思われる特殊な配線が剥き出しになっていると、いつか引っかけて引きちぎってしまいそうな不安感があったのでした。
 やっぱりカバーがあると、少し安心してドライブに出かけられそうです。

 ですけど、ドライブにでかけるタイミングが作りだせそうにないなあ。


スポンサーリンク



タグ:修理
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車