So-net無料ブログ作成

バンパーの白化対策 ~カーメイトさんの黒樹脂復活~ [旅の相棒 ゴルフ]

 バンパーの未塗装樹脂部分が白化していて、なんとも言えないくたびれ感を漂わせているわが家のゴルフ号、フォルクスワーゲン ゴルフ3。



 そんなくたびれ感を少しでも払拭しようと、これまでいくつかの方法を試してきました。

 最近では、失敗しても塗膜を剥がして原状復帰が可能と思われる、塗って剥がせるペイント、ラバーペイント、で黒く塗ってしまう方法を少しずつ進めていました。

 <塗って剥がせるペイント、ラバーペイント、によりバンパーの一部を塗ってみることにトライしたときの記事

 <塗って剥がせるペイント、ラバーペイント、によりバンパーの上部を塗ってみたときの記事

 しかし、ここのところその進捗が滞っています。

 なぜなら。

 この塗って剥がせるラバーペイントはスプレー缶タイプなので、塗装をしようとすると、不必要なところに塗料がつかないようにマスキングをする必要があります。

 この手間が億劫で、なかなか作業にとりかかろうという意欲がわかないのでした。

 そんなとき、ホームセンターでこんなものを見つけてしまいました。

vwgolfBumperCare06.jpg
そのものズバリなネーミング

 カーメイトさんの、その名も、「黒樹脂復活」。
 
 そのものズバリなネーミングと、スポンジに液をつけて塗るだけ、という手軽さについつい手を出してしまいました。

 <カーメイトさんのホームページはこちら

vwgolfBumperCare07.jpg
白化部分の処理による違い

 上の写真で、緑で囲ったフェンダーモールの部分が、「黒樹脂復活」で処理した部分赤で囲ったリアバンパーの上側の部分が、塗って剥がせるラバーペイントで塗装した部分、そして青で囲った、ドアモールとリアバンパーの下側の部分が、未処理の白化した樹脂部分となります。

 こうしてみると、「黒樹脂復活」で処理した部分は、未処理の白化した部分に比べて、黒さが復活しているように見えます。その黒さは、未処理以上ラバーペイント未満、といったところでしょうか。

 この「黒樹脂復活」によるバンパー白化対策の利点としては、その処理のお手頃さと、値段のお手頃さでしょうか。この記事を描いた時点では、Amazonで570円(+場合によっては送料)となっていました。

←こちらはAmazonへのリンクとなります

 あとは、この黒さをどれくらいの期間キープできるのか、もう少し様子を見てみようかと思います。



スポンサーリンク



タグ:バンパー
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 2

しん

白化は本当に困りものですよね。ここが黒くないとみすぼらしく見えてしまいます。アー〇ーオール、バンパーワックス等々試しましたがシリコン系は長持ちしない、雨に弱いという結論。ガラス系コーティングも試しましたが行きついたのは100均のメラミンスポンジである程度の劣化した層を剥がして(初回のみ)、脱脂したあとフォーエバーブラックという商品を塗るという施工です。マスキングテープは必要ですが屋根なし駐車で3年くらいは余裕でもちます。難点はムラになりやすいことです。もちろん手袋必須です。ボトルの先端がスポンジになっていますがムラになるので別のスポンジにつけて塗ってます。よかったら写真も見てみてくださいな。では同士、検討を祈ります。
https://minkara.carview.co.jp/userid/1377296/car/1011441/8389310/parts.aspx
https://minkara.carview.co.jp/userid/1377296/car/1011441/8389359/parts.aspx
by しん (2018-03-20 23:13) 

hal

しんさん、フォーエバーブラックですか。聞いたことありませんでした。メラミンスポンジで表面を剥ぐ、というのもポイントかもしれませんね。手元に残っているラバーペイントや、今回の黒樹脂復活を使いきったら、試してみようかと思います。
by hal (2018-03-28 22:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。