So-net無料ブログ作成

バンパーの白化対策 塗って剥がせるペイント編 [旅の相棒 ゴルフ]

 さて、20年選手ともなるわが家のゴルフ号、フォルクスワーゲン ゴルフ3、には所々ヤレ感がみられて、その一つに、未塗装の樹脂モールの白化が挙げられます。

 <未塗装の樹脂モールの白化を取り上げたときの記事

 この白化をなんとかしようと、聞いた方法の一つが、シリコーンルブを塗布する方法でした。
 安価に手に入るシリコーンルブを塗布することで、往年のしっとりしたツヤ感を取り戻すことができる方法でした。

 <シリコーンルブで対策した時の記事

 ですが、この方法には一つ弱点がありまして、、、しばらくすると、塗布したシリコーンルブが雨などで流されてしまうのか、元の白化状態に戻ってしまうのでした。

 <シリコーンルブの効果は長持ちしないことが判明したときの記事

 長持ちしないものの、安価なシリコーンルブを使うものなので、洗車したついでに塗布も行なっていれば、コスパ的には悪くない方法ではあったと思います。

 とはいえ、もっと効果が長持ちする方法があれば、そちらを試してみたいと思っていました。

 いっそのことペイントしてしまえばよいのかもしれませんが、失敗した時のことを思うと、なかなか踏ん切りがつかないでいたのでした。

 そんな折、ホームセンターで、塗って剥がせるペイント、なるものが売られているのを目にしました。
 
 これは、塗装がゴム状になり、塗った後から剥がすことができるという代物。これだったら、失敗しても剥がせば元通りになる(はず)なのでは、ということで、早速チャレンジしてみました。

 念のため、シリコーンオフで脱脂をしておいて(写真を見るとわかりますが、洗車もした方がよさそうですね)、マスキングしたのち、リアバンパーの一部に吹き付けてみました。重ね塗りした方がよいそうなので、塗っては乾燥を待ってまた吹く、ということを繰り返して、とりあえず6層塗りくらいにしてみました。

vwgolfBumperCare04.jpg
塗って剥がせるペイントで未塗装樹脂部を塗ってみました

 お、結構いけそうな感じではありませんか。というわけで、暇を見つけて、他の場所も塗ってみようかなと思います。


スポンサーリンク



タグ:バンパー
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車