So-net無料ブログ作成
旅の小道具 ブログトップ
前の3件 | -

久々の単焦点標準レンズ [旅の小道具]

 こう暑くてはなかなか外に遊びに行く気にもなりませんが、自然の中へ駆け出すときには必ずカメラを持っていくようにしています。

 最近は利便性を重視して、コンパクトな標準ズームレンズを携帯していくことが多かったのですが、久しぶりに単焦点の標準レンズを持ちだしてみました。

 久々の単焦点標準レンズは、ズームレンズの便利さに慣れてしまっていた身には、思ったように景色を画角に収めるのに一苦労で、改めてズームレンズのお手軽さに感心しました。


 しかし、撮影した写真を見ると、さすが、単焦点レンズ。というより、さすがLimitedレンズ、という方が正確なのかもしれません。

 今回持ち出した単焦点レンズは、ペンタックスのFA43mmF1.9Limited。

 詳しいことは判りませんが、Limitedと冠するくらいだから、きっといいレンズなのではないでしょうか。

snail_01.jpg
最近見かけることの少なくなったような気がするカタツムリ

 なんとなく、お手軽ズームレンズで撮った画とは違うような気がします。どこがどう違うというのは判らないのですが、質感というか、艶っぽさというか、何かが違うような気がするんですよね、気のせいかもしれませんけど。

 では、このレンズを常備しておけばよいかというと、出先で広角も標準も使いたくなったりするので、そういうときはズームレンズは便利なので、最近はズームレンズを持ち歩いていたわけです。

 広角のLimitedレンズも持っているので、広角と標準の両方を携帯すればよいのでしょうけど、それだと機動性に欠けるしと、なかなか悩ましい問題だったりするわけです。

 Limitedのズームレンズを手に入れれば、解決するのかもしれませんが、それはそれでいろいろと越えなければならない高い壁が存在したりするので、一筋縄ではいかなかったりします。

 こうやって悩んでいる時間というのも楽しいものですけどね。


スポンサーリンク



タグ:カメラ
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

添加剤、旧い車には効果アリ? [旅の小道具]

 さて、わが家にあるエンジン付きの乗り物は、どれもそこそこ年代物となってきています。

 そんな年代物の車を乗り続けるために、ときどき、いろいろと工夫を凝らしてみたりしています。
 添加剤の類もいくつか試したことはあるのですが、なかなかその効果を体感できるものに出会えていませんでした。そんな中、効果を体感できた数少ない添加剤の一つが、このワコーズのフューエルワンです。

Fuel1_01.jpg
最近お気に入りのワコーズ フューエルワン


 最初に試したのは、わが愛馬SRX号、ヤマハSRX400、でした。ガソリンタンクにフューエルワンを1/3ほど添加して、少し走りまわると、エンジンの吹け上がりがいつもより軽く感じられたのでした。心なしかいつもよりアイドリング回転数が高くなったようにも感じられるようにもなったのでした。なんとなく、抵抗が減って、いつもより回りやすくなったような、そんな印象を受けたのでした。

 これに気をよくして、わが家のワーゲンバス、フォルクスワーゲン レイトバス、にも添加したところ、これもエンジンの吹け上がりが軽くなったように感じられたのでした。

 ここまできたら、ゴルフ号、フォルクスワーゲン ゴルフ3、にも投入しないわけにはいきません。
 ところが、ゴルフ号では、あまりその効果を感じることはできませんでした。

 このフューエルワン、デポジット除去等の効果を謳っているので、SRX号や、バス号といった、旧い車の方が、こびりついた汚れも多くて、それが除去されることによる効果が判りやすかったのかもしれませんね。

 気のせいかもしれませんが、フューエルワンを添加して一回しした後は、エンジンオイルが真っ黒になっているような気がしました(正確に使用前と使用後を比べたわけではないので、気のせいかもしれませんが)。

 ですので、最近わが家では、エンジンオイル交換の時期が近付くと、フューエルワンを投入して、ガソリンタンクのガソリンを使いきった後で、エンジンオイル交換をするようにしています。

 こうすることで、少しでも長く、一緒にドライブやツーリングに出かけられるといいなと思って。

 あくまで、気休めですけどね。

Fuel1_02.jpg
人間用の添加剤と似ているので、間違えないようにしないと



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ヘルメットのインナーをリフレッシュ! [旅の小道具]

 恐らくもう十年くらい使い続けているヘルメット、SHOEIのJ-STREAM。

 数年前、ヘルメットを脱ぐと首筋に黒いものが付着しているのに気付き、ヘルメットを見てみれば、顎関節を包むチークパッドの下面の表皮がパリパリと剥がれ出していたのでした。

 こちらはそんなに面積が大きくないので、全部剥がれてしまえば気にならないかな、などと思って放置していたのですが、この間のツーリングでメットを脱ぐと、今度は頭頂部の方から黒いカスがポロポロと降ってくるではありませんか。フケにしては黒いし、なんだろうと思っていたら、メットの中から大量に黒いカスがファサファサと降ってきます。

 よくよく見ると、インナーのメッシュの隙間から降ってくることが判明、どうもインナーについているスポンジが経年劣化してぐずぐずになって降り注いでくるようです。

 もう長く使ったヘルメットだし、そろそろ変え時かなとも思ったのですが、SHOEIのホームページを見てみると、なんとインナー(内装)をパーツとして購入できるとのこと。

 さっそくSHOEIさんに問い合わせてみると、欠品中で納品は数カ月先になるとのこと連絡をいただき、販売店で在庫があればそちらから購入するというルートもあると、丁寧に教えていただきました。

 こういう補修部品は、一般のルートには出回っていないのかと思っていたのですが、早速、Amazonで調べてみたところ、なるほど、取り扱っているもんですね。

 というわけで、ささっとAmazonで注文して、入手しました。

 どうせだからと、内装一式を新品に交換ということで、センターパッド、チークパッド、チンストラップカバー、がセットになった内装セットを購入しました。

srxHelmetInner02.jpg
左が新品、右がボロボロのチークパッド

 ボロボロと剥げて、首筋に豹柄模様を描き出していたチークパッドも新品に交換します。

srxHelmetInner01.jpg
左がボロボロ、右が新品のセンターパッド

 センターパッドは、劣化が歴然ですね。左のボロボロのセンターパッドは、頭頂部がかなりさびしい状態になっていました。

 内装一式を新品に交換すると、フィット感が全然違います!いやあ、なんか新品のヘルメット買った気分になれてご満悦です。

←こちらはAmazonへのリンクになります




スポンサーリンク




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
前の3件 | - 旅の小道具 ブログトップ