So-net無料ブログ作成
旅の相棒 鉄馬SRX ブログトップ
前の3件 | 次の3件

ウィンカーパイロットランプについて考えてみた [旅の相棒 鉄馬SRX]

 以前、わが愛馬、ヤマハSRX、のウィンカーパイロットランプがウィンカー作動時に点滅せずに消灯したままになってしまったことがありました。

 <ウィンカーパイロットランプが点滅しなくなってしまったときの記事

 このときは、フロントウィンカーの接触不良が原因だったようで、接点を清掃するとウィンカーパイロットランプがきちんと点滅するようになってことなきを得たのですが、いろいろと腑に落ちないことがあったりするので、これを機に、ウィンカーの動作について考えてみることにしました。

 ウィンカーの動作について調べてみると、ウィキペディアの”方向指示器”の項には、以下のように説明されていました。
”方向指示スイッチやハザードスイッチでリレーに通電すると、ランプに電流を流す回路に一定間隔で通電と切断を繰り返し、ランプが点滅する。古くから利用される方式としてはサーマルリレーが採用されてきたが、電子部品の発達に伴い、コンデンサや半導体を利用したリレーも利用されるようになった。さらに、高度に電子化された現在の自動車においては、コンピュータで制御される例もある。”
引用元:ウィキペディア


 さらに読み進めると、サーマルリレーの動作について、以下のように説明されています。
”サーマルリレーはサーモスタットに使用される物と同様のバイメタルを利用する方式で、バイメタルのほかにヒータを備えている。バイメタルは熱膨張率が異なる2種類の金属を貼り合わせた接点金具で、ヒータによって熱が加えられるよう配置されている。待機状態ではバイメタルの接点は通電状態にあり、リレーに通電するとランプとヒータの電流を流す主回路に通電する。ヒータが発熱することで、やがてバイメタルが変形してバイメタルの接点が離れて主回路が切断される。熱を受けなくなったバイメタルは時間の経過とともに元の形状へ戻り再び主回路を閉じる。これを繰り返すことで主回路が開閉を繰り返し、ランプが点滅する。”
引用元:ウィキペディア


 なるほどなるほど、なんとなくわかってきました。

 フラッシャーリレーは、最初通電状態になっていて、フラッシャースイッチがONになると、ウィンカーに通電されて点灯し、その電流によって一定時間経過するとリレーがOFFになり、その結果、ウィンカーは消灯して電流が流れなくなるので、サーマルリレーの接点が復帰して通電状態になり、ウィンカーが再び点灯する。この繰り返しによって、ウィンカーが点滅を繰り返すことになるわけですね。

srxFlusherRelay00.jpg
SRX号に元から付いていたリレー


 この場合、ウィンカーが球切れを起こすと、ウィンカーに電流が流れないわけですから、リレーがOFFにならないので、リレーはONになったまま、つまり、パイロットランプは点灯したままになってしまうというわけですね。

 これは、ずっと以前、ウィンカーをLED化する前にウィンカーが球切れを起こしたときの、微かに残っている記憶にある症状と一致しています。

 とここで、冒頭に戻ると、今回はパイロットランプが消えたままになってしまっていたんですよね。ここが今回のフラッシャーリレーの動作の解釈と辻褄が合わないので腑に落ちていないところなんですよね。


スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

SRX号の軽量化 [旅の相棒 鉄馬SRX]

 そういえば、わが愛馬SRX号、ヤマハSRX、に軽量化を施したことを紹介していませんでした。

 何を隠そう、わがSRX号、0.1秒を削り取るために軽量化を施されていたのでした。

 0.1秒を削り取るため、というのは嘘でした。単に、私の弄りたがりの欲求を満たすため、というのが正解です。

 ツーリングを終えた翌日、洗車している最中に、ふと、キャリパーを固定しているボルトが緩んでいることに気がつきました。

 増し締めすればいいだけのことだったのですが、グーグル先生に尋ねてみたところ、どうやらこのキャリパー固定ボルトをカスタマイズできるらしいことがわかったのです。

 カスタマイズという言葉ほど、弄りたがりの心をくすぐるものはないのではないでしょうか。

 というわけで、早速ショップに出向いて、取り寄せてもらったのが、このキャリパー固定ボルト。

srxCaliperBolt00.jpg
ヤマハ純正キャリパー固定ボルト


 このボルト、ボルトの中心に貫通穴が空いていて、その分、軽量となっているボルトなのです。しかも、驚くべきことに、ヤマハ純正なのです。純正ならば強度的に問題なさそうですし、調べてもらうと、ビッグバイクにも使われているボルトらしいので、軽量級のSRX号には十分な強度があると考えてよさそうです。

srxCaliperBolt01.jpg
こんな感じに中空になっています


 というわけで早速このボルトに交換してみます。

srxCaliperBolt02.jpg
まずは上だけ変えるとこんな感じ


srxCaliperBolt03.jpg
両方変えるとこんな感じ


 うん、かっこう良くなった!遠目には全く気付かないけど!

 このねじ、重さを計ってみると、通常のねじが27gで、この中空ねじが21g。1本あたり、6gの軽量化ということになります。前後で、4本だから、24gの軽量化。
 乗り手の私が、缶コーヒーを1本飲まないでいれば、これ以上の軽量化が図れる程度の軽量化ではありますが、レースとかでは、この1gがモノをいう世界なのかもしれませんね。

 私の身の丈に合った走りにはあまり寄与しませんが、これでまたわが家のSRX号がかっこう良くなったような気がするので、よしとすることにします。


スポンサーリンク



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

ハイフラ対応リレーと球切れ警告 [旅の相棒 鉄馬SRX]

 先日、わが愛馬SRX号に乗っていたところ、ウィンカー操作に違和感を感じることがありました。その違和感の原因は何だろうと、注意してみていると、ウィンカーを出したときに、速度計の下にある表示灯が点滅していないことに気づきました。

 しかも、消えたまま。

 記憶をたどると、わが家のSRX号の場合、ウィンカーの球切れが生じた時は、たしか表示灯が点きっぱなしになっていたはず。そんな記憶があったので、ウィンカーの球切れを疑わず、表示灯の球切れを疑ったのでした。

 そこで、メータ周りを取り外して表示灯を確認してみると、ちゃんと点灯するではありませんか。

 わが家のSRX号のウィンカー表示灯は、1つしかなくて、つまり右にウィンカーを出しても、左にウィンカーを出しても、同じ表示灯が点滅するような表示灯です。

srxFlusherPilot00.jpg
SRXのウィンカー表示灯


 ですので、ウィンカーを右に出しているのか左に出しているのかは、表示灯を見るだけではわからないのですが、まあ慣れれば特に気になりません(ちなみに、わが家のレイトバス号、フォルクスワーゲン レイトバス、も同じようにウィンカー表示灯は一つとなっています)。

 片方のウィンカーを動作させたときには、表示灯が正常に点滅していたことから、表示灯は一つだけど、ダブル球みたいになっていて、右と左で別々に点灯しているのだと思っていたのですが、どうもそうではないようでした。

 というわけで、ウィンカーを調べてみると、フロントのウィンカーが点滅していませんでした。開けてみると、球切れではなく、電極の接触不良のようで、接点を清掃して、無事、正常動作するようになったのでした。

 昔の記憶だと、球切れのときは表示灯が点きっぱなしになっていたのになあ、と少々納得がいかなかったのですが、そういえば、リアのウィンカーをLEDに換えるに当たり、ウィンカーリレーをハイフラ対応のリレーに換えていたことを思い出しました。

 ウィンカーのLED化に向けて、リレーを換えた時の記事

 ハイフラ対応リレーとは、そもそも、白熱灯のウィンカーが球切れを起こしたときに、その点滅間隔が短くなってしまうハイフラッシャーが、LEDに換えることでも発生してしまうことを回避するためのものです。
 逆にいえば、球切れを起こしてもハイフラッシャーが発生しないリレーということなのでしょうから、球切れを起こしたときに、その球切れを警告してくれないのは仕方のないことなのかもしれません。

 で、そのハイフラ対応リレーが球切れのときにどのように動作するかは、特に明記されていなかったと思うので、想定外の動作をしたとしても、まあ不思議はないかなと、なんとなく納得しました。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
前の3件 | 次の3件 旅の相棒 鉄馬SRX ブログトップ