So-net無料ブログ作成
旅の相棒 鉄馬SRX ブログトップ
前の3件 | -

バイクカバーを新調しました [旅の相棒 鉄馬SRX]

 わが家の鉄騎馬SRX号、ヤマハSRX400、は残念ながら、屋根つきのガレージに保管、という境遇にはありません。

 かといって、太陽からの強烈な紫外線や降り注ぐ酸性雨に対して野ざらし、というのではあんまりなので、バイクカバーをかけてあげています。

 ところがこのバイクカバー、いろいろなメーカーから出ており、値段も数千円から数万円とピンキリで、どのバイクカバーを用いればいいのか迷うところです。

 安いバイクカバーは安いだけあって、薄っぺらで、雨が降ると雨が浸みこむのか、車体にぺったりと貼りつくようになり、比較的早い段階で、びりびりっと裂けてしまっていました。

 高いバイクカバーは水弾きもよく、保ちもよいのですが、それでも永遠に使えるわけではないので、やがて交換する必要がでてきます。この交換の度に高い出費を強いられ、お財布へのダメージが馬鹿になりません。

 というわけで前回は↓で紹介したバイクカバーを使用していました。

以前使っていたバイクカバーの記事

 このバイクカバーは上面にのみ透湿素材を用いて、側面はよく見る合成繊維系の布で作られたもので、値段も9000円程度と、そこそこに抑えられていたものでした。

 上に紹介した前回の記事は2014年12月のものなので、このバイクカバーは約3年もったことになります。コストパフォーマンスとしては3000円/年ということになるでしょうか。これくらいの値段で売っているバイクカバーもありますが、ペラペラの物が多く1年も保ちそうな気がしないので、前回使っていたバイクカバーはなかなかコストパフォーマンスにすぐれたバイクカバーだったと思っています。

 そこで今回もこれを購入しようと思ったのですが、取り扱っているサイトが見つかりませんでした。もしかしたらもう生産を中止してしまったのかもしれません。

 仕方がないので再びネットを徘徊してよさそうなバイクカバーを探すことになりました。

 そうして選んだのはこちらのBarrichello(バリチェロ) バイクカバー。

←こちらはAmazonへのリンクになります


 一番の決め手は、コストパフォーマンス(が良さそう)な点でしょうか。

 値段だけ見ればもっと安いものもあるのですが、生地が厚手で防水であるとの謳い文句にこちらを購入させていただきました。6000円弱でしたので、万が一、期待外れのものだったとしても、それほど高い勉強代にはならないかなと判断しました。

 前回は透湿素材に拘っていたのですが、あまり等湿である必要性を感じませんでした。またこのバイクカバーは

 値段から考えて、1年半から2年保ってくれればよいかな、と思っています。

srxCover2018_01.jpg
新調したバイクカバー



スポンサーリンク



nice!(5)  コメント(0) 

SRX見っけ! ~日経トレンディネットの記事~ [旅の相棒 鉄馬SRX]

 ツーリングに最高のシーズンが到来しましたが、わが家のSRX号、ヤマハSRX400、は夏休み明けの火入れは終わっているものの、まだ自然の中に駆けだせずにいます。

 家で悶々としながらネットサーフィンをしていると、なんとSRXを取り上げている記事を見つけました。

日経トレンディネットの絶版バイク7選の記事

 この記事の中では、記者の方が乗ったことのある絶版となっているバイクの中から、お薦めのバイクが紹介されており、その中の1台がなんとSRXだったのでした。

 主としてはSRX-6を褒めているのですが、SRX-4に関しても、
 
(SRX-6に比べて)エンジンがマイルドだが、それでも単気筒らしさは健在で、もちろんコーナーのシャープさはSRX-6と同等かそれ以上

 と触れられており、SRX乗りとしては、ちょっと嬉しかったりしました(厳密には、記事で触れているのはSRX400ではなくてSRX-4ですけど)。

 コーナーのシャープさが語れるような乗り方はできていませんが、自分のバイクが褒められると、やっぱり嬉しいものですね。

 なんとか時間を見つけて、自然の中に駆け出したいものです。

srx_Inubouzaki.jpg
犬吠埼にて



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 

バックミラーの緩みを修正 [旅の相棒 鉄馬SRX]

 わが家の愛馬、ヤマハSRX400、遠乗りする予定は立たないのだけれども、梅雨が本格化する前に、少しは乗っておこうと、ちょくちょく乗るようにしています。

 そんな中、左のミラーが、高速道路で走っていると次第にお辞儀するようになってしまいました。ミラーの裏に位置するボールジョイントが緩くなってしまっているようでした。

 実は以前にも、右のミラーに同様な症状が見られて、お試しで直してみたところ、以来、再発していないので、今回も同じように直してみることにしました。

 当初、調整する機構らしきものが見当たらなかったので、ボールジョイントの中味が磨耗してしまって、復旧はできないのではないかと考えていました。

 ダメもとで、ミラーの鏡面を外してみたところ、鏡面と筐体の間にねじを発見し、そこを締めこむことで、ボールジョイントの滑りを調節しているようでした。

 ですので、今回もやってみます。

 鏡面は、筐体にゴムを挟んで嵌め込んであるので、ゴムと筐体の隙間に内装剥がしのようなものを差しこんで少しずつ、ゴムと一緒に鏡面を引きだすようにして取り外しました。

 鏡面の裏は、両面接着剤のついたスポンジで筐体へ接着してもあるので、そーっと取り外します。ミラーはガラス製のようですので、あまり強引にやると割れてしまいそうなので、そーっとそーっと、割れてしまわないように慎重に外しました。

srxMirror_tightened.jpg
ミラーの鏡面を外したところ

 写真の赤矢印で示したところがねじになっているので、そこを締めこんでみました。手で動かした感じでは、あまり違いが判らなかったのですが、このねじを締めこみ、ひとまずは様子を見ることにします。

 取り外した鏡面の裏側に、似たようなスポンジ状の両面テープを気休め程度に貼り付けて、鏡面を筐体の中に戻していきます。筐体は鏡面が簡単に外れないようにするためか、鏡面の表面側に巻き込むようになっているので、嵌め込みづらいですが、慎重に嵌め込み、最後はゴムを押しこむようにして、なんとか鏡面を筐体に嵌め込むことに成功しました。

 このあとで、まだ高速には乗ってみていないのですが、近場を少し走った感じでは、ミラーの角度が変わってしまうことはなさそうでした。

 そろそろ梅雨も本格化しそうですが、晴れ間を縫って、自然の中に駆け出していきたいと思います。


スポンサーリンク



前の3件 | - 旅の相棒 鉄馬SRX ブログトップ