So-net無料ブログ作成
旅の相棒 ゴルフ ブログトップ
前の3件 | -

未塗装樹脂部品の白化対策 ~ラバーペイントでフロントバンパーも~ [旅の相棒 ゴルフ]

 このGWには、わが家のゴルフ号、フォルクスワーゲン ゴルフ3、のフロントバンパーの補修を行ないました。

 わが家のゴルフ号には、ディーラーオプションのフロントリップスポイラーが奢ってあるのですが、そのフロントリップスポイラーをよく引っかけて割ってしまい、機を見ては補修を繰り返していました。

以前、バンパーのひび割れを補修した時の記事

 今回もフロントバンパーを取り外し補修を行なったわけですが、フロントバンパーを外したついでに、フロントバンパー上部の白化してしまった未塗装樹脂部分を、ラバーペイントで塗装しました。

リアバンパーの白化した未塗装樹脂部分をラバーペイントで塗装した時の記事


 フロントバンパーを外しての作業となったため、フロントバンパーの下半分だけをマスクすればよいので、面倒なマスキング作業が半分くらいで済んだ感じで作業を行なうことができました。
 
vwgolfBumperCare09.jpg
未塗装樹脂部分の処理をほぼ終えたゴルフ号

 上の写真で緑で囲った部分が、今回ラバーペイントで塗装した部分になります。この作業によって、フロントバンパー上部の白化した部分が見事に黒さを取り戻せたのですが、写真では光の加減で、この黒さがハッキリしませんね。

 ちなみに赤く囲ったフェンダーアーチの部分はまだ処理を行なっていない、白化した未塗装樹脂部品になります。今回の作業でラバーペイントはほとんど使いきったので、この部分は、以前紹介した”黒樹脂復活”で処理をしてみようと思っています。

”黒樹脂復活”でリアのフェンダーアーチの白化した未塗装樹脂部品を黒く復活させたときの記事

 ちなみに写真で青く囲った部分が、今回の作業の主目的であったフロントリップスポイラーの補修部分ですが、写真を撮るのをすっかり忘れてしまったのでした。





タグ:バンパー
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

未塗装樹脂バンパーの白化対策 ~再び塗って剥がせるラバーペイント編~ [旅の相棒 ゴルフ]

 わが家のゴルフ号、フォルクスワーゲン ゴルフ3、はところどころに未塗装樹脂のパーツが用いられており、これが経年変化して白っぽくなってしまい、見た目のくたびれ感を助長しているという問題があります。


 これを何とかしようと、オートグリムの”バンパーケア”から始まり、シリコーンルブによるお手軽な方法や、塗って剥がせるペイント”ラバーペイント”による方法、カーメイトさんの”黒樹脂復活”による方法を試してきました。

シリコーンルブで黒さを取り戻そうとしたときの記事

塗って剥がせるラバーペイントで塗ってみたときの記事

黒樹脂復活を塗り込んでみたときの記事

 現在のところ効果の持続性の点から、”ラバーペイント”と”黒樹脂復活”による方法がいいかな、と思っています。

 しんさんより”フォーエバーブラック”なるよいものがあるとコメントをいただいたのですが、”ラバーペイント”がまだ余っているので、今回、リアバンパーの下の部分もラバーペイントで塗装してみました。

vwgolfBumperCare08.jpg
ラバーペイントにより未塗装樹脂部分の白化対策が完了したゴルフ号のリアビュー

 写真だと判りにくいのですが、灰色に白化した部分が漆黒の輝きを取り戻し、後ろ姿が引き締まって見えるような気がします。

vwgolfBumperCare05.jpg
リアバンパー下部が未処理だった頃の写真

 こちらの、リアバンパー下部が未処理だった頃の写真をみると、やはり白化した状態だとヤレ感が目立っていますね。

 このラバースプレー、まだ少し残っているようなので、今度はフロントバンパーの上の部分の塗装にチャレンジしてみようと思っています。




タグ:バンパー
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

バンパーの白化対策 ~カーメイトさんの黒樹脂復活~ [旅の相棒 ゴルフ]

 バンパーの未塗装樹脂部分が白化していて、なんとも言えないくたびれ感を漂わせているわが家のゴルフ号、フォルクスワーゲン ゴルフ3。



 そんなくたびれ感を少しでも払拭しようと、これまでいくつかの方法を試してきました。

 最近では、失敗しても塗膜を剥がして原状復帰が可能と思われる、塗って剥がせるペイント、ラバーペイント、で黒く塗ってしまう方法を少しずつ進めていました。

 <塗って剥がせるペイント、ラバーペイント、によりバンパーの一部を塗ってみることにトライしたときの記事

 <塗って剥がせるペイント、ラバーペイント、によりバンパーの上部を塗ってみたときの記事

 しかし、ここのところその進捗が滞っています。

 なぜなら。

 この塗って剥がせるラバーペイントはスプレー缶タイプなので、塗装をしようとすると、不必要なところに塗料がつかないようにマスキングをする必要があります。

 この手間が億劫で、なかなか作業にとりかかろうという意欲がわかないのでした。

 そんなとき、ホームセンターでこんなものを見つけてしまいました。

vwgolfBumperCare06.jpg
そのものズバリなネーミング

 カーメイトさんの、その名も、「黒樹脂復活」。
 
 そのものズバリなネーミングと、スポンジに液をつけて塗るだけ、という手軽さについつい手を出してしまいました。

 <カーメイトさんのホームページはこちら

vwgolfBumperCare07.jpg
白化部分の処理による違い

 上の写真で、緑で囲ったフェンダーモールの部分が、「黒樹脂復活」で処理した部分赤で囲ったリアバンパーの上側の部分が、塗って剥がせるラバーペイントで塗装した部分、そして青で囲った、ドアモールとリアバンパーの下側の部分が、未処理の白化した樹脂部分となります。

 こうしてみると、「黒樹脂復活」で処理した部分は、未処理の白化した部分に比べて、黒さが復活しているように見えます。その黒さは、未処理以上ラバーペイント未満、といったところでしょうか。

 この「黒樹脂復活」によるバンパー白化対策の利点としては、その処理のお手頃さと、値段のお手頃さでしょうか。この記事を描いた時点では、Amazonで570円(+場合によっては送料)となっていました。

←こちらはAmazonへのリンクとなります

 あとは、この黒さをどれくらいの期間キープできるのか、もう少し様子を見てみようかと思います。



スポンサーリンク



タグ:バンパー
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車
前の3件 | - 旅の相棒 ゴルフ ブログトップ