So-net無料ブログ作成
旅の相棒 ゴルフ ブログトップ
前の3件 | -

ステアリングコラムカバーの修復完了 [旅の相棒 ゴルフ]

 折角の行楽シーズンなのに、種々の事情により、なかなか自然の中に駆け出すことができていません!

 そんな中、隙間時間を見つけては、粛々と工作の続きを行なっていたりします。

 以前紹介した、わが家のゴルフ号、フォルクスワーゲン ゴルフ3、の粉砕してしまったステアリングコラムカバーを修復した件ですが、ようやく、ゴルフ号に取り付けるに至りました。

 <以前紹介した、ステアリングコラムカバーを修復した件

 以前紹介した時には既に形になっていたものの、いざ取り付けようとしたら問題が発生してしまい取り付けられないでいたのでした。

 このステアリングコラムカバーは上下分割式になっており、上下のパーツは、ツメとねじで固定されています。わが家のゴルフ号の場合、このツメは無くなっていたので、ねじで固定するしかないのですが、このねじが木ねじで、ねじを受ける部分のプラスチックがぐずぐずになっており、いざ取り付けようと、ねじを捩じ込むとミシミシと砕け散ってしまったのでした。

 この受けの部分を再生しようと、ポリパテを使ったり、FRPで補強したりと試行錯誤を繰り返していたのですが、どうしても木ねじだと穴を拡げる力がかかるので、割れてしまうという問題に悩まされていました。

 いろいろと悩んだ挙句、インサートねじを埋め込めばいいことに気づいて、無事にこの問題の解決に至ったのでした。

steeringShaftCover_05.jpg
ひびが目立つけど、なんとかそれらしくなりました

 取り付けてみると、いくつかのステーっぽい部品が修復できなかったりしたせいか、若干ぐらつきますが、まあそれとなくカバーの体を成しているので、これでよしとしました。

steeringShaftCover_06.jpg
配線むき出しとなっていたキー周りもすっきり

 このカバーがなくてもスパルタンな感じがしてよかったのですが、キー周りの配線や、下側にあるエアバッグの配線ではないかと思われる特殊な配線が剥き出しになっていると、いつか引っかけて引きちぎってしまいそうな不安感があったのでした。
 やっぱりカバーがあると、少し安心してドライブに出かけられそうです。

 ですけど、ドライブにでかけるタイミングが作りだせそうにないなあ。


スポンサーリンク



タグ:修理
nice!(0)  コメント(0) 

ステアリングコラムカバーの修復 [旅の相棒 ゴルフ]

 さて、ステアリングコラム周りのカバーが外れて、不注意から粉々にしてしまった、わが家のゴルフ号、フォルクスワーゲン ゴルフ3。

 <ステアリングコラム周りのカバーが外れてしまったときの記事>

 バラバラになってしまった部品を、パズルのようにはめ合わせていき、元通りとまではいかないまでも、なんとなく近い形にまで復元できました。

steeringShaftCover_04.jpg
なんとか原型に近い形になりました

 いくつか空白の部分が残ってしまったり、欠けて見つからない部分があるようです。

 また、各部品の合わせ面が狭いため、貼り合わせたときにぴったりと面を出すことが出来ず、一番目立つ上面のつぎはぎ感が結構目立ってしまいました。

steeringShaftCover_03.jpg
天板のつぎはぎ感が目立つ仕上がりとなってしまいました

 パテを盛って、やすりがけして塗装もすれば綺麗に仕上がりますが、今回は、不注意さに対する戒めの意味も込めて、このままにしておこうと思います(単に、やすりがけしたりするのが面倒になっただけですが)。


スポンサーリンク



タグ:修理
nice!(0)  コメント(0) 

ハンドル周りのカバーの破損 [旅の相棒 ゴルフ]

 さて、この夏は工作に時間をかけてみた夏であることをお伝えしましたが、この夏は、その工作のきっかけとなった事件が、わが家のゴルフ号、フォルクスワーゲン ゴルフ3、に起きたのでした。

 ある夏の暑い日、ゴルフ号に乗り込もうと、運転席のドアを開けると、足元に見慣れぬ物体が落ちていました。

 その黒い物体を拾い上げると、それはハンドルのチルト機構を覆うカバーの下半分でした。

 このカバーは上下に分割されている構造となっていて、上下はねじとプラスチックのツメで固定されているようなのですが、よく見てみると、ねじが刺さっている部分が砕けていて、ねじが効かない状態になっていて、そのためにカバーの上下を接着剤で接着してあったようでした。この接着部分が、この夏の暑さに負けて、はがれてしまって、カバーの下半分が、運転席の足元に落ちていた、ということのようでした。

 仕方ないので、後日接着しようと、上のカバーも外したまではよかったのですが、そのあとがいけなかった。
 そのカバーを後部座席に置いていて、そのことをすっかり忘れてしまっていて、後部座席に乗り込んだときに、バリバリッと音を立てて、カバーが粉々に砕け散ってしまったのでした。

 この壊れたカバーを修復しようとしたのが、この夏の工作の時間の始まりでした。

steeringShaftCover_01.jpg
ここにカバーがあったはずなのです


steeringShaftCover_02.jpg
下から見るとこんな感じ



スポンサーリンク



タグ:修理
nice!(0)  コメント(2) 
前の3件 | - 旅の相棒 ゴルフ ブログトップ