So-net無料ブログ作成
旅の雑記帳 ブログトップ
前の3件 | -

首都圏ツーリングプラン、使ってみました! [旅の雑記帳]

 今年の7月から実施されていて今月末で終了してしまう、二輪車限定首都圏ツーリングプラン。

 お得だから使おう使おうと思っていたのに、なかなかツーリングに出ることができなかったので利用することができずにいましたが、このあいだ、常陸秋そばツーリングに出かけた際、ようやく利用することができました。

touringIbaraki01.jpg
SRX号と竜神大吊橋

 このあいだ出かけた常陸秋そばツーリングの記事は、<こちら>と<こちら

 この二輪車限定首都圏ツーリングプランとは、指定区間内、2日間、2500円で乗り放題、という、まさにツーリングの季節にピッタリなお得なプランなのです。
 
 <二輪車限定首都圏ツーリングプランについて考察したときの記事はこちら

 このあいだ出かけた常陸秋そばツーリングでは、東北道から圏央道を使って常磐道、その後、一般道で再び東北道に戻ってくるルートを採ったので、首都圏ツーリングプランで設定されている4つのコースのうちの、”東北道・常磐道コース”を利用することにしました。

 <首都圏ツーリングプラン、”東北道・常磐道コース”に関する考察を行なったときの記事はこちら

 今回のツーリングでは、岩槻ICで東北道を北上、久喜白岡JCTで圏央道を東に向かい、つくばJCTで常磐道を北上して、那珂ICで高速道を下りました。

 これを普通にETCで通過すると、2280円。

 那珂ICから下道を走って、竜神大吊橋を経由、そのまま西に抜けて、帰路は、矢板ICから岩槻ICまで東北道を南下しました。

 帰りの高速道路料金は、ETCの場合は1950円。

 つまり、首都圏ツーリングプランを使わなかった場合の高速道路料金は、4230円となります。
 
 ここで、首都圏ツーリングプランを利用した場合は、首都圏ツーリングプランの代金2500円と、首都圏ツーリングプランの適用範囲外となる、矢板ICー宇都宮ICの料金370円が支払う高速道路料金となると思われるので、2870円で済んだことになっているはず。

 つまり、1360円お得だったことになるのかな。
 まだ請求が来ていないので、実際に請求される金額がどうなっているかはわからないのですけどね。

 日帰りツーリングでも、十分に元が取れた首都圏ツーリングプラン、私は今期はもう利用することがないのですが、また来期も設定してもらえると嬉しいなあ。


スポンサーリンク



タグ:ツーリング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

フォルクスワーゲンArteon [旅の雑記帳]

 フォルクスワーゲングループジャパンからのメールマガジンで、Arteonがデビューしたとのお知らせが届いていました。

arteon_00.jpg
フォルクスワーゲンArteon(引用元:フォルクスワーゲングループジャパン ホームページ)

 わが家のゴルフ号、フォルクスワーゲン ゴルフ3、は現行のゴルフ(ゴルフ7)に比べて、4世代前のゴルフであり、ゴルフ系のムックにも登場することが無くなってきたことから、その手の本を読まなくなっていたので、そんな新しい車種がラインナップに加わっていたなんて、全然知りませんでした。

 フォルクスワーゲングループジャパンのホームページでその外観を見て、びっくり、かつてアウトシュタットで見たコンセプトDかと思ってしまいました。

conceptD_01.jpg
アウトシュタットに飾られていたconcept D

 コンセプトDは、その後、Phaetonとして市場デビューを果たしたものの、日本に上陸することはなく、今では本国のラインナップからも外れてしまっているようです。

 ArteonとPhaeton、語尾が似ていることから、アルテオンはてっきりフェートンの後継車なのかと思ったのですが、パサートCCの後継車のようですね。

 ポルシェのパナメーラといい、高級車はファストバックが流行りなんですかね。

conceptD_00.jpg
コンセプトDのフロントマスク



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

二輪ETC限定 首都圏ツーリングプラン ~東北道・常磐道、東名道・中央道~ [旅の雑記帳]

 さて、いよいよ運用開始となった、首都圏ツーリングプラン、ですが、こう暑くてはわが愛馬SRX号、ヤマハSRX400、に跨る気にもなれず、涼しくなったときのことを考えて、どうやって首都圏ツーリングプランで走り回ろうか、妄想に耽る日々を送っています。

 首都圏ツーリングプランでは、4つのコースが設定されており、そのうちの”関越道・上信越道・東北道コース”については前回考察したので、今回は、”東北道・常磐道コース”、”東名・中央道コース”について考えてみたいと思います。

 <前回の考察、”関越道・上信越道・東北道コース”

 2500円でコース内は乗り放題なので、前回と同様に、どこまで行けば往復しても割高にならないで済むか、という視点で考えてみました。

 東北道・常磐道コースについては、私が利用することの多い、岩槻IC、浦和IC、から出発した休日の二輪ETCの料金を想定してみます。

 東北道岩槻ICから北上することを想定すると、次の二つのICまでを往復すると、首都圏ツーリングプランを使った方がお得になります。

 東北道  栃木IC(1280円)
 圏央道  つくば中央IC(1370円)

 東北道浦和ICより外環道を経て常磐道を北上した場合は、谷和原までを往復すれば元が取れることになりますね。

 常磐道  谷和原IC(1300円)

 また、東名・中央道コースを利用する場合は、私の場合は首都高から乗り入れることになり、首都高は対象外なので、気分的にお得感が減りますが、そこから先の分でお得になるには、以下のICより先までを往復すればよさそうです。

中央道高井戸より
 中央道  勝沼IC(1530円)
 中央道  都留IC(1350円)
 圏央道  圏央厚木IC(1290円)

東名東京ICより
 東名      大井松田IC(1350円)
 小田原厚木道路 二宮IC(1270円)
 圏央道     相模原相川IC(1290円)

 東北道方面へは、日光や那須高原に出かけることがよくありますし、東名・中央道方面では、富士山周辺に出かけることも多いので、この辺りにでかけるときは、首都圏ツーリングプランを利用することで、だいぶお得になりそうですね。

 今年の秋は、例年以上にツーリングの回数が増えるかもしれません。増えるといいな。

東北道・常磐道、東名・中央道コースでどこまで行けばお得になるかマップ


touringChuoudouHaraPA.jpg
中央道原PAでの一コマ(中央道原PAは今回のツーリングプランの対象範囲外です)



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
前の3件 | - 旅の雑記帳 ブログトップ