So-net無料ブログ作成
検索選択

雨漏り対策 残念ながら未完 [旅の相棒 ゴルフ]

 さて、何度かリアトランク内への雨漏りが発生している、わが家のゴルフ号、フォルクスワーゲン ゴルフ3、ですが、その雨漏りへの対策をいろいろと試みています。

 今回は、Cピラー内側の内装を留めているナットの穴から水が滴り落ちてきているようなので、上の方から水が侵入していると考えてよさそうだったので、リアコンビネーションランプ周辺は原因から除外して考えました。

 <リアコンビネーションランプから浸水していたときの記事> 

 というわけで、車のルーフ周りから水をかけて、水が滴ってくる箇所を探しました。

 前回雨漏りしてしまっていたルーフアンテナの根元にも水をかけて様子を見てみたのですが、車室内側に水がしみ込んでくる気配はありませんでしたので、今回はここもシロ。

 <ルーフアンテナの根元から浸水していたときの記事

 というわけで、今回はこれまでとは違った新たな雨漏り個所が発生しているようでした。

 わが家のゴルフ号にはサンルーフが装着されており、このサンルーフの水抜き穴が詰まることがあると話に聞いていたので、サンルーフの周辺にも水を注ぎ込んでみたのですが、これもリアトランクへの
浸水は見られませんでした。

 こうしていろいろなところに水をかけ続けた結果、どうもリアゲートに隠れているルーフとCピラーの接合部分に水をかけると、リアトランク内に水が浸み出してきているようなことがわかりました。

vwgolfRainLeak01.jpg
想定される水漏れ個所(写真は既にコーキング材が充填されています)


 よく見てみるとこの接合部分は樹脂のようなもので塗り固めてあるようで、この部分が錆びて浮いてきていて、ひび割れが生じていました。どうもここから車室内に水が侵入しているようなのです。

 ひとまず、このひびをコーキング材で埋めてみて、硬化したあとで水をかけてみたのですが、雨漏りは確認されなかったので、しばらく様子を見ることにしていたのでした。

vwgolfRainLeak02.jpg
こんな感じにコーキング材で埋めてみました


 ところが、今日の雨、ゴルフ号のリアゲートを開けてみると、やっぱり雨漏りの跡ができていました。

 うーん、これはどうやら内装を剥がしていって、本格的に浸水箇所を特定しなければだめかもしれませんね。

 Cピラーの内装がなかなかうまく外せないので、ちょっと腰が引けてしまっているんですよねえ。


スポンサーリンク



タグ:雨漏り
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

和美峠 [旅の足跡]

 私は峠越えをすることが好きで、旅の行程に峠を組み込むことがよくあります。

 峠越えが好きな理由は、上りきることにによる達成感みたいなものが味わえるからのような気がします。また、峠が旅の行程の中での一つのマイルストンのようなものになっていて、ここまできた、ということがわかり易いからかもしれません。

 こうしていろいろな峠越えをしている楽しみの一つが、峠からの眺望です。

 上りのあいだはひたすら目の前に続くアスファルトをにらみながら進み、峠に差し掛かると、途端に眺望が開け、眼下に広がる景色を見ながら、これまでの来し方を振り返る、そんな切り替えの瞬間を味わえるのが峠越えの楽しみなのかもしれません。

 とはいっても、必ずしも峠からの眺望が開けているとは限らないんですけどね。

 そんな峠越えの旅に思いを馳せながら昔の写真に目を通していたら、雪の峠越えをしたときの写真を見つけました。

passWami.jpg
雪の和美峠


 こちらは、県道43号上の群馬県と長野県の県境にある和美峠です。

 上信越道碓井軽井沢ICを降りて、軽井沢方面に向かう道の途中、下り坂が終わる頃に左に分岐している道にある峠です。

和美峠はここにあります


 近くには以前に紹介した内山峠もありますね。

 <以前に紹介した内山峠の記事はこちら

 だんだんと、ドライブやツーリングの季節が近づいてきました。このように地図を眺めて、次はどこに行こうかと考えている時間も、案外と楽しいものです。


スポンサーリンク



タグ:
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

バンパーの白化対策 フロントバンパー編 [旅の相棒 ゴルフ]

 わが家のゴルフ号、フォルクスワーゲン ゴルフ3。もう、製造から20年以上経つ個体なので、ところどころにヤレ感がにじみ出ています。

 そんなヤレ感の演出に一役買っているのが、フロントバンパー、フロントフェンダーモール、サイドドアモール、リアフェンダーモール、リアバンパーモール、を繋ぐ、樹脂の未塗装部分です。

 購入当時は、しっとりと黒光りしていたのだと思いますが、今や全体的に白くカサカサに光ってしまって、黒いボディカラーとの対比が目立ってしまっています。

 そこで、この未塗装樹脂部分の黒さを取り戻す方法として、ショップの方に教わったのが、シリコンルブを塗布する方法です。前回、お試しで一部にだけ処理をしてみて様子を見ていたのですが、今のところとりたてて大きな問題は発生していないので、このたび、他の部分の処理にも着手することにしました。

 ひとまず、フロントバンパーの処理が終わって、次の写真のように、在りし日のしっとりした漆黒感を取り戻すことができました。

vwgolfBumperCare02.jpg
ヤレ感を一掃した漆黒のバンパー


 ちなみに、処理前の状態は下の写真のような感じで、全体的に白っぽくなっている上に、縞模様が浮き出てしまっていて、なんだかとても残念な感じになっていたのでした。

vwgolfBumperCare00.jpg
処理前の白化したバンパー


 このまま、フェンダーやサイドモールも処理を出来ればよかったのですが、疲れてしまったので、残りは次の機会に持ち越しです。


スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車