So-net無料ブログ作成
検索選択

さいたまクリテリウム! [旅の写真館]

 そうそう、昨日はさいたまスーパーアリーナ周辺で、自転車の大会、さいたまクリテリウムが開催されていたのでした。

 特に自転車競技に興味があるわけではないのですが、世界レベルの選手が来ているのを見過ごすわけにはいきません。

 というわけで、さいたま新都心まで出かけてきました。

 saitamaCriterium2015_03.jpg
速すぎてシャッターが間に合わない!

 自転車レースは、ただがむしゃらに速く走っていればいいというわけではなく、ライバルの出方をうかがうなど、駆け引きがあるスポーツのようです。

saitamaCriterium2015_02.jpg
ラストスパートをかける選手たち

 前半は様子見で走っているような展開でしたが、終盤に近付くにつれ、先頭争いや、後続との間合いを測るなど、緊張した展開に。

 そして、いよいよラスト2周というところで、日本選手がしかけて、トップを駆け抜けるものの、逃げ切れず、といった感じで、素人でも充分に楽しめる大会でした。

saitamaCriterium2015_01.jpg
戦いを終えて、ファンの声援に応える選手たち

 世界レベルの戦いを堪能できたし、美味しいビールもたくさん飲めたしで、楽しい秋の一日でした。


スポンサーリンク



タグ:自転車
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

集中ドアロックのエア漏れ修理、、、できず [旅の相棒 ゴルフ]

 前回、集中ドアロックのエア漏れの原因として、Oリングに当たりをつけ、今回Oリングを交換してみました。

 残念ながら、見事に読みが外れ、このOリングを交換してもバキュームのエア漏れは直りませんでした。

 この集中ドアロックの部品をいろいろいじっていると、どうもチューブ側ではなく、チューブがつながった先のブロックの、下の写真の矢印の部分のところから漏れているようでした。

vwgolfVacuumHorse03.jpg
チューブがつながった先のブロックからエア漏れしているみたいでした

 ここから先は、素人が手を出すにはハードルが高い気がしたので、素直に自動車屋さんに持っていって直してもらうことにします。


スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

クラッチ切ってもセルが回らない! [旅の相棒 鉄馬SRX]

 ツーリングシーズンに突入して、出番が多くなってきたわが愛馬SRX号。

 ふと気づいたのですが、ギアがニュートラルに入っていないとセルが回らなくなっていました。

 スタンドを上げた状態であれば、ギアがニュートラルに入っていなくても、クラッチを切りさえすれば、確か、セルは回るはずです。

 ギアをニュートラルに入れてやれば、セルが回ったことから、どうも”クラッチが切れた”という信号が伝わっていないんだろうなあ、ということで、ちょっと確認してみました。

srxClutchSwitch01.jpg
クラッチのON/OFFを検知するスイッチのようなもの

 クラッチレバーの下からのぞきこんでみると、クラッチレバーの状態に応じて入り切りしていると思われるスイッチを発見しました。

srxClutchSwitch02.jpg
コネクタを壊さないように引き抜いてみました

 そのスイッチに繋がっているコネクタがあったので、そこを引き抜いて導通を見てみると、クラッチレバーの状態に応じて、導通/非導通が切り替わっているみたいです。つまり、このスイッチはまだ生きているようでした。

 というわけで、とりあえずコネクタの双方に接点復活剤を吹いて、繋ぎ直してみました。

 見事、クラッチを切ってセルが回るようになりました!これで、エンストこいても、すぐにエンジン始動できるので、安心して出かけられます。


スポンサーリンク



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク