So-net無料ブログ作成

ナンバープレートボルトをリフレッシュ [旅の相棒 鉄馬SRX]

 さて、無事にウィンカーの修理も終わり、さらにはLED化(リアだけ)という進化まで遂げた、わが愛馬SRX号。

 シルバーウィークなのに走り回ることが出来なかった腹いせ(?)に、プチカスタマイズしました。

srxNumberPlateBolt01.jpg
さびさびのナンバープレートボルト

 さびさびになっていたナンバープレートボルトを、バイク用品店で売っていた、ステンレスのちょっと小洒落た感じの六角穴付きボルトに交換しました。

srxNumberPlateBolt02.jpg
ステンレスのねじに交換

 バイク用品店のねじの品揃えの豊富さにはびっくりしますね。
 ゴルフ号も似たように十何年前にナンバーボルトのねじを交換しているのですが、その当時は、あるショップが特注で作ったようなものを使っていました。バイク用品店にきていれば、もう少し簡単にねじを見つけることができたのかもしれませんね。

 いよいよ行楽シーズン。

 自然の中に繰り出す準備は整ったので、そろそろお出かけしたいところです。


スポンサーリンク



行楽シーズンに向けて、レンズ新調! [旅の小道具]

 涼しい日が続く今日この頃、旅に出かけるには絶好のシーズンの到来ですね。

 そんな、これからの行楽シーズンに向けて、レンズを新調しちゃいました!

camera18-50Lens01.jpg
標準ズームレンズ、買っちゃいました

 買ったのは、ペンタックスさんの HD PENTAX-DA 18-50mm。

 これまで、機動性を考えて、21mmのパンケーキレンズを常用していたのですが、この間、久しぶりに、フイルムカメラ時代のズームレンズを使ったら、広角じゃない画角が、なにか新鮮に感じて、コンパクトなズームレンズが欲しいなあ、と思っていたのでした。

 この HD PENTAX-DA 18-50mm は、撮影時には首が延びて、不格好になってしまうのですが、非撮影時には、首が縮んで、写真のようなコンパクトになるレンズです。

camera18-50Lens02.jpg
左は20年近く昔のフイルムカメラのキットレンズだった標準ズームレンズ

 唯一、ちょっと、というより、かなり、残念だったのはレンズキャップ。付属してくるのは、軟らかいプラスチック製の、梱包用の仮キャップのようなものなのです。
 あまりにも残念なので、付属のレンズフードは使わないことにして、ペンタックスさん純正のΦ58用のレンズキャップを購入してしまいました。

camera18-50Lens03.jpg
左が付属のレンズキャップ

 あー、はやく自然の中に、出かけたいなあ。


スポンサーリンク



タグ:カメラ

いよいよウィンカーをLED化! [旅の相棒 鉄馬SRX]

 右リアウィンカーが折れそうになっている、わが愛馬SRX号。

 諸事情により、ウィンカーを社外品に変え、この際だからLED化してしまおうと目論み、ウィンカーリレーをLED対応のものに交換を済ませました。

 こうしていよいよ、LEDウィンカーへの換装です。

srxTurnSignalReplace04.jpg
リアウィンカーはこんな感じで取り付けられていました

 リアウィンカーはこんな感じにリアフェンダーの裏側にねじ止めされていますので、このナットを緩めてウィンカーを取り外します。

 純正のウィンカーはM12のねじで取り付けられており、リアフェンダーの取り付け穴もM12が取り付くサイズに開けられています。なので、これに合うウィンカーを選べばいいのですが、バイク用品店を見てみると、社外品のウィンカーの取り付けねじはM10が主流のようでした。

 まあ取り付け穴にフィットしなくてもナットで締めればちゃんと取り付くんじゃなかろうか、などと軽く考えて、今回はPOSHのM10のウィンカーを取り付けることにしました。明るさなど、車検の要件を満たしているようです。

 そのまま付けるとなると、ウィンカーのステーが短いので、リアウィンカーの上に自作キャリアが張り出しているわが愛馬SRX号だと、キャリアの上にバッグを載せた時、バッグの下にウィンカーが隠れてしまいそうな感じだったので、別売りの延長ステーも購入しました。

 さていざ取り付けを行なおうとしたとき、ウィンカーレンズがパカッと外れてしまうことが発覚しました。ウィンカーレンズを留めるねじ穴のようなものがあるので、ここをねじ止めすればよさそうなのですが、そのねじが見当たりません。もしかしたらねじは別売りかもしれませんが、ねじを回すためらしきLレンチは付属していたので、、、本当はねじが付属していたんじゃないでしょうか。

 お店に確認に行くのも面倒だったので、手持ちの適当な皿ねじM2.6で留めてしまいました。

srxTurnSignalReplace05.jpg
左が純正、右がPOSHのウィンカー

 こうして右ウィンカーだけ変えてみたのが、上の写真。オリジナルのイメージを損なうことなく、一回り小さく、シャープなイメージとなっているように見えますね。

srxTurnSignalReplace06.jpg
こちらは純正ウィンカーが付いている状態

srxTurnSignalReplace07.jpg
こちらが今回の社外品ウィンカーを取り付けた状態

 ちょっと画角が違いますが、純正と今回の社外品のウィンカーを取り付けた様子が上の2枚。

 あまり違いが分からないと思いますが、オリジナルの雰囲気を損なわないでLED化が達成できたので、私としては満足のいく仕上がりでした。

 これでシルバーウィークに一駆け出来ていれば、もっと楽しかったんだけどなあ。


スポンサーリンク



タグ:ウィンカー