So-net無料ブログ作成

バックミラーの緩みを修正 [旅の相棒 鉄馬SRX]

 わが家の愛馬、ヤマハSRX400、遠乗りする予定は立たないのだけれども、梅雨が本格化する前に、少しは乗っておこうと、ちょくちょく乗るようにしています。

 そんな中、左のミラーが、高速道路で走っていると次第にお辞儀するようになってしまいました。ミラーの裏に位置するボールジョイントが緩くなってしまっているようでした。

 実は以前にも、右のミラーに同様な症状が見られて、お試しで直してみたところ、以来、再発していないので、今回も同じように直してみることにしました。

 当初、調整する機構らしきものが見当たらなかったので、ボールジョイントの中味が磨耗してしまって、復旧はできないのではないかと考えていました。

 ダメもとで、ミラーの鏡面を外してみたところ、鏡面と筐体の間にねじを発見し、そこを締めこむことで、ボールジョイントの滑りを調節しているようでした。

 ですので、今回もやってみます。

 鏡面は、筐体にゴムを挟んで嵌め込んであるので、ゴムと筐体の隙間に内装剥がしのようなものを差しこんで少しずつ、ゴムと一緒に鏡面を引きだすようにして取り外しました。

 鏡面の裏は、両面接着剤のついたスポンジで筐体へ接着してもあるので、そーっと取り外します。ミラーはガラス製のようですので、あまり強引にやると割れてしまいそうなので、そーっとそーっと、割れてしまわないように慎重に外しました。

srxMirror_tightened.jpg
ミラーの鏡面を外したところ

 写真の赤矢印で示したところがねじになっているので、そこを締めこんでみました。手で動かした感じでは、あまり違いが判らなかったのですが、このねじを締めこみ、ひとまずは様子を見ることにします。

 取り外した鏡面の裏側に、似たようなスポンジ状の両面テープを気休め程度に貼り付けて、鏡面を筐体の中に戻していきます。筐体は鏡面が簡単に外れないようにするためか、鏡面の表面側に巻き込むようになっているので、嵌め込みづらいですが、慎重に嵌め込み、最後はゴムを押しこむようにして、なんとか鏡面を筐体に嵌め込むことに成功しました。

 このあとで、まだ高速には乗ってみていないのですが、近場を少し走った感じでは、ミラーの角度が変わってしまうことはなさそうでした。

 そろそろ梅雨も本格化しそうですが、晴れ間を縫って、自然の中に駆け出していきたいと思います。


スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました